- 1 つの実から1800株へ -
ターンムファームでは毎年約1800株のハバネロを無農薬無化学肥料で栽培しています。
これは私1人が情熱と愛を込めて生産するのに最適な量です。私はMellowHabanero作りに関するすべての仕事を自分でしたいのです。

私とハバネロとの最初の出逢いは2002年。友達からもらった1つの実でした。
私はまずその色と形をとても気に入りました。
口に入れると、香水のような芳香がしました。それからフルーティーなやさしい甘味。その後時間差でとてつもない辛味に襲われ、私の頭は胴体から浮かび上がりました。
完全にハバネロに魅了された私は、そのハバネロの種を大切に発芽させて育てました。それから毎年、栽培と採種を繰り返し、株数を増やしました。

当時の私はホットソース作りを仕事にしようとは思っておらず、ただただ畑一面に輝くハバネロを見たかったのです。しかし畑仕事を知らず、ハバネロ栽培に関する文献も見つからなかったので、試行錯誤を繰り返しました。
そうして数年後、夕日に輝く無数のハバネロ!! Yeah!!

- ハバネロソース開発 -
私は自分自身や友人たちのためにハバネロホットソースの調理ブレンドと保存性を研究し始めました。1年以上かかり私の求める味わいのホットソースが完成しました。そのホットソースは酸味で料理の味を壊すような事の無い(有名なあのホットソースのように..)濃厚で甘味のある心地良い辛さでした。これを一言で言い表すネーミングを探しに私は辞書の中を旅しました。Mellow。Mellow Habanero。すごくいい。決まりました。そして納屋を改装し加工室を作り、営業許可を取得しました。ボトルを選び、ラベルをデザインしました。
京都の手づくり市から小さく販売をスタートしました。Mellow Habaneroは単に「商品」
なのではなく、私の自己表現手段です。1本1本が私の「作品」です。
現在の取扱店はこちらです。


-
2005-
Mellow Habanero誕生。
-2006-
"Mild"と"Extra"販売開始。
-2008-
"Heaven"販売開始。ターンムファーム法人化。
-2013-
"Smoky"販売開始。海外販売開始。
-2016-
"胡麻辣醤"販売開始。

メローハバネロは良い素材を使い、世界中の人々に愛されるホットソースを目指します。是非お試しください!

- HabaneroMan -
私の名前は近藤 卓。1973年東京生まれです。
幼少期の私はとても冴えていたため、中学受験を予定していましたが、諸事情により自ら学校教育を基礎のみで終了する選択をしました。
その後私は興味の向くまま毎日楽しみ過ごしました。
その結果、自分自身の個性を非常に伸ばすことができました。

私は子供の頃から辛い食べ物が好きでした。
大人になり、私は東京のオフィス街をランチタイムに廻る小さな車カレー店を始めました。
当時はフードトラックが殆ど無く、警戒されましたが、徐々にお客さまが増え、1年後には多くのお客さまが並ぶようになりました。とても楽しかったです。

26歳になり、ガールフレンドと結婚をしました。そして赤ちゃんが産まれ、2001年に私たちは東京から石垣島へ引っ越しました。素晴らしい景色と自然な暮らしを求めて。
カレー店は知人に託しました。
私たちは格安で購入した土地(ジャングル)の中に家を建て、薪の火で料理をし沢の水を飲み、暮らしました。子供の頃から憧れていた原始的な生活を享受しました。

しかし終わりの無い夏休みは徐々にその楽しさを減少させていきました。
その頃に私は運命の出会い!友人から1つのハバネロをもらったのでした。
この島での生活は私と私の家族にとって非常に有意義なものとなり、現在の暮らしの土台となっています。
貴重な友人たちと出会い、心地の良い生き方を知りました。
そして2004年、私たちはハバネロ栽培の為の大きなフィールドへ移動することにしました。丹波篠山へ。